株式会社エイチ・アイ・コーポレーション|東京都渋谷区|ソリューションベンダー|

 

ERP導入支援及び見直し支援

 

ERP導入に関する考え方捉え方のポイント

ERP導入に関する考え方捉え方のポイント
 
ERPは、企業の経営資源を統合的に管理し、経営戦略を実現するための手段であり、企業のビジネス基盤となるものです。
部門ごとの業務システム構築の延長線、既存システムとの置き換え、ERPパッケージを使ったシステム構築、という捉え方をすると失敗のパターンに陥ります。
ERPを導入するとは、 「ERPを利用して経営戦略を実現するための新しい業務運用を構築すること」に他ならないからです。
 
1.ERP導入における落とし穴
「自社流の業務のやり方にERPパッケージを合わせようとする」企業が少なくありませんが、これはERP導入後大きく後悔することになる典型的なパターンです。
 
カスタマイズに膨大なお金がかかり、さらにERPのバージョンアップの度にエンドレスで多大なお金がかかってしまうという蟻地獄のようなとんでもない事態を招くことになってしまうからです。
 
何故このような状況に陥ってしまうのでしょうか?
 
その根本的な原因は業務運用の整流化を怠ったことにあります。
途中で途切れたり滞留したり逆流したりしている現状の業務の流れに、ERPの方を合わせようとするため膨大なカスタマイズが発生するのです。
 
ではどうすればいいのでしょうか?
 
ERPの選定や導入の前に、まず業務運用の整流化を行ってボトルネックを解消した後、整流化された新しい業務運用とERPとのFIT&GAPを行えば、カストマイズを不要もしくは最小限に抑えることができるのです。
 
 
2.ERPの導入に際して企業側に求められる要件
要件その1:経営サイドに立ったプロジェクトリーダー
 
特定部門の長やシステム部門の長ではなく、トップと直結した経営サイドの人間が、プロジェクトリーダーとして初期段階だけでなく運用段階に至るまで一貫してERP導入プロジェクトを主導することが肝要です。

ERP導入の過程ではいくつかの部署において業務運用の変更が発生したりすることがあるため、並列関係にある部門長では、そういった時に強い指導力を発揮することができず、調整に明け暮れて議論が収束しないということが起きるからです。
又、特定部門長がリーダーである場合は、特定部署のニーズに偏ってしまったり、システム部門長がリーダーの場合はERP導入そのものが目的化してしまったりすることがしばしば起きてしまいます。
 
           《失敗のパターン》・ERP導入の目的は企業の課題解決ですが、本来の目的を見失い、ERPの導入それ自体が
              目的化した場合、失敗のパターンに陥ります。 
 
要件その2:現場の業務運用を第一に考える
 
実際にERPを使用する現場の業務運用を第一に考えることが不可欠です。そうでないとエンドユーザー部門の協力が得られないからです。 
エンドユーザーの積極的関与がERP導入の成功の一つのポイントになりますので、エンドユーザーを巻き込んでいくことが大切ですが、エンドユーザー部門の強力が得られないとそれができなくなるのです。
  
    《失敗のパターン》・新システムの実際の利用者の多くが新システムを充分に理解できないまま、本番運用がスター
              トする。
             ・間接部門の特定業務の効率化のため、現場に新たな作業負荷を強いる。
             (ex.従来間接部門でまとめて入力していた経費伝票を経費の発生現場で都度入力する。)

 
   
3.コンサルタント及びベンダーの重要性
ERPそのものよりも、ERP導入を主導する(請け負う)コンサルタント及びベンダーの腕の方がプロジェクトの成否に与える影響は大です。

コンサルタント及びベンダーの腕は以下を備えているかどうかによって左右されます。
■コンサルタント・・・・その企業の業務運用に対する深い洞察と分析。
■ベンダー・・・・・・・扱っているERPのカストマイズや外部連携に精通していること。

これらの内、特に前者が重要です。業務運用とのミスマッチが発生してしまう原因の多くは業務運用の理解不足に起因するからです。従って、実際にERP導入を指揮監督し、主導するコンサルタントの業務知識、企画提案力、マネジメント力等がポイントとなります。
<<株式会社エイチ・アイ・コーポレーション>> 〒106-0031 東京都港区西麻布4-8-29-305 TEL:03-6451-1711 FAX:03-6451-1710